長く続けたい!正社員

自分に合った職種と職場に出会うことが理想

自分が望む職種はある程度絞り込めているのではないでしょうか。子供の頃からの夢や学生時代に学んだ事から、進みたい道が見えている場合もあります。親や先輩などから聞いた話や、アルバイトの経験などからも、希望する職種の方向性は決まってくると思います。方向性が決まっていれば、具体的に会社の特徴や就労条件などを調べて、面接という第一関門に向かい進むだけです。この場合、一社に限定するのではなく、複数の同業他社に直接出向いてみることが大切です。実際、訪ねてみて感じる会社の雰囲気や担当者の態度からも、その会社の質がある程度分かるものです。正社員として勤めることを希望するのであれば、会社の質は重要な要素となります。

続けられる職場なのかが最も重要

希望する職種であり、質の高い会社であっても、自分に合った職場であるかは別の問題となります。退職に至る理由の多くは、職場の人間関係と言われますから、先ずは良好な人間関係を築けるかがカギとなります。不慣れな仕事というのは、経験を積んだ人のようにいかないものです。そこで、きちんとした教育がなされるか、育てていこうという環境が整っているかが重要な要素です。なかなか覚えられない新人に対して、根気よく指導してくれる職場であれば、しっかり仕事を覚えて、早く一人前になろうと努力もするものですし、苦にもならないと思います。努力する新人を評価してもらえれば、頑張る意識は高まり、仕事も早く覚えられるものです。 職場の一員、違う表現をすれば、仲間として認められれば良好な人間関係は構築できます。ネックとなる人間関係が良好であれば、例えミスをしたとしてもフォローがありますし、次回の確かな仕事につなげられます。

工場の求人を探すときには、仕事内容の詳しい特徴を知ってから探すと、理想の職場が見つかりやすくなります。