やっぱり気になる!給与

生活が十分にできるか

仕事探しをするうえで、給料って気になりませんか。家賃や食費、交通費や手当など、生活をする為には必要ですよね。若い頃は体力もあり、やりがいを優先してもいいかもしれませんが、中には家庭がある方や、趣味を持っている方など、生活がギリギリでは働いていてもやりがいを感じないのではないでしょうか。せっかく仕事を探すのであれば、給料が高く、私生活も充実出来た方がよいです。

しかし、給料が少し低いと感じていても、年に数回の賞与や手当てが手厚い場合は、視野にいれてもいいかもしれませんね。その他にも、年数に応じて給料が上がっていく事や資格を取る事で昇格するなど、企業によっては給料面も変わってくる事もあるので、最低でも生活に支障がない程度貰えるかは重視する方が良いでしょう。

長期で働くか短期で働くか

仕事を探すうえで大切なのはやりがいではないでしょうか。給料が高くても、今まで興味のなかった仕事や、苦手な分野があるといった事ではストレスが溜まってしまい、長期で仕事を探す場合は、続ける事が難しいですよね。仕事を楽しくしていく為にも、自分の得意な分野や興味のある仕事を探す方が良いでしょう。

また、勤務時間も注意して見てみる事が大切です。やりがいがあっても給料が高く記載されている場合は、拘束時間が長い場合や夜勤勤務があります。短期の場合や、体力に自信あるのであれば問題ないかもしれませんが、決まった時間内で仕事がしたい方や、定時で帰りたいといった場合は、貰える額が少し違ってくる可能性があるので注意が必要です。

工場の募集を確認する際には、実働時間を考えた上で、実際にどれくらい稼げるのかを計算することが大切です。